太りたい人のプロテイン3選【太りたい人になぜオススメか】

プロテインで作られた男性の形 SUPPLEMENT

太りたい人のプロテインのおすすめを解説します。

先日こういったツイートをしました。




✅体を大きくしたいならウエイトゲイナー


ウエイトゲイナーはプロテインに炭水化物が加わったものです。


⏬下記のような人に特におすすめ


・太りたいけど太りづらい体質

・量を食べることが出来ない人


ウエイトゲイナーを飲むことで炭水化物とタンパク質を摂れる上にカロリーを稼げます💪🏾



僕は筋トレ歴5年で体重は57kgでしたが、現在は76キロです。

これから始める人にもなるべく分かりやすく説明していきます。



太りたい人のプロテイン3選

プロテイン イラスト

太りたい人用向けのプロテインはウエイトゲイナーと呼ばれます。

まず普通のホエイプロテインとウエイトゲイナーの特徴をそれぞれ簡単に解説します。


一般的なプロテイン


一般的なプロテインはタンパク質を摂取するためのサプリメントです。

純粋にタンパク質を補うためのサプリメントなので、できる限り炭水化物と脂質は抑えられています。

万能に使えるので増量や減量に関係なく、タンパク質摂取を目的とした人が使います。



ウエイトゲイナー


ウエイトゲイナーはたんぱく質に加えて炭水化物が入っています。

体を大きくする目的で作られているため、それに必要な栄養素も入っています。


特に大きな違いは下記の2つです。


・炭水化物


・カロリー



一般的なプロテインはたんぱく質がメイン、ウエイトゲイナーは加えて炭水化物が入っています。

その炭水化物の分カロリーも高くなりますね。

メーカーによっては、ビタミンやカルシウムなど細かい栄養素も入っています。

具体的に入っている栄養がどのくらい違うのかを説明していきます。



それぞれの栄養素の比較


結論から言うと、

ウエイトゲイナーはたんぱく質に加えて、ご飯1杯分の炭水化物を摂取することが出来ます。


メーカーカロリータンパク質脂質炭水化物
ホエイプロテイン120kcal24g1g3g
ウエイトゲイナー625kcal25g2.6g126g

前述したとおり、ウエイトゲイナーはカロリーがかなり高くなりますね。



ちなみに炭水化物の量をわかりやすく例えたのが下記です。


ご飯軽く1杯(160g)=ウエイトゲイナー1/2杯


ご飯大盛り(300g)=ウエイトゲイナー1杯分



食べれない時に飲むことでご飯一杯分の炭水化物を摂れるのは大きいですよね。



ウエイトゲイナーの飲み方


飲む量に関しては、自分で決める必要があります。

メーカー推奨は1/2杯〜1杯を推奨しているからです。

自分の食事を計算して、その中で足りていない分を補うというイメージです。



例に最低でも1日で摂取したいタンパク質量の目安は下記です。


筋トレを習慣にしている男性で最低体重1kg2.2〜2.3g



体重が60kgの男性とすると、132〜138gのタンパク質は最低でも摂りたいです。

炭水化物は増量が目的なので摂れるだけ摂ってOKです。

実際に日本のボディビル界で有名な鈴木雅さんは炊飯器を2つ使いして、大量の白米を食べていました。



太りたい人にプロテインがなぜおすすめか?

プロテインパウダー ヘルシーフード 女性

まず太れない原因として挙げたのが下記の2つです。


・1日の摂取カロリーが足りていない


・量を食べることが出来ない



ではこういった人にウエイトゲイナーがおすすめできる理由を説明していきます。



1日の摂取カロリーが足りていない


ウエイトゲイナーで摂取カロリーを補うことが出来ます。

大原則として、太るためには1日の摂取カロリーが消費カロリーを上回る必要があります。

例に「食事回数を多くしたいけどあまり時間がない」という方でも、これを飲むことで1日のカロリーを補うことが出来ます。



量を食べることができない


ウエイトゲイナーは消化されやすいのでオススメです。

なぜならウエイトゲイナーの炭水化物はデキストリンという消化のしやすい成分だからです。

ウエイトゲイナーは消化されやすいので、例えば「既にお腹が満たされているけど、カロリーが足りてない」等という時にかなり使えます。


でも1日のカロリーをどのくらい摂ったらわからないという方もいると思うので説明します。



1日の摂取カロリーはどのくらい?


摂取カロリーの目安を知っておいた方が良いです。

まず自分の普段の生活の活動レベルを知りましょう。


下記の3つの身体活動レベルのどれに当てはまるでしょうか。



①:生活の大部分が座位で、静的な活動が中心



②:座位中心の仕事だが、職場内での移動や立位での作業・接客等、あるいは通勤・買物・家事、軽いスポーツ等のいずれかを含む



③:移動や立位の多い仕事への従事者。あるいは、スポーツなど余暇における活発な運動習慣をもっている場合





✔︎1日に必要な摂取カロリー

身体活動レベル
18〜29(歳)2300kcal2650kcal3050kcal
30〜49(歳)2250kcal2650kcal3050kcal
50〜69(歳)2050kcal2400kcal2750kcal

(引用元:厚生労働省 日本人の食事摂取基準 2015)


説明不要かと思いますが、最初の身体活動レベルと自分の年齢で必要カロリーの目安がわかります。

太るためには自分の当てはまったカロリーより多く摂る必要があります。

目安になるので様子をみながら調節していくと良いです。



太りたい人用プロテインのおすすめ3選

プロテイン イメージ

太りたい用のプロテインを徹底比較していきます。

結論から言うと、オプチマムニュートリションがおすすめです。


各メーカーのプロテインをピックアップします。


✔︎検討するプロテイン3選


ニーズ別に合わせて各プロテインを紹介していきます。



オプチマムニュートリション


結論はこれをオススメします。

なぜなら必須な栄養素はもちろん、ビタミンやミネラルなど

細かいとこまでしっかり摂取できるようになっているからです。

爆発的に筋力を上げるクレアチンが入っているのも、他とは違う良い点です。



マイプロテイン


コスパを重視したい方にオススメです。

他のメーカーと比べても圧倒的にリーズナブルです。


価格と量を比較したのが下記です。

メーカー価格容量1杯あたりの価格
オプチマム4589円16食分287円
マイプロテイン4390円25食分175.6円
Kentai6550円30食分218円

※2019年9月1日時点での表示価格



マイプロテイン も安いからといって質が悪い訳ではありません。

実際に価格を抑えるために自社の工場で製品を作っています。

オプチマムが優秀なので比べたら劣りますが、ウエイトゲイナーとしてはかなりコスパが良いです。



Kentai


国産メーカーにこだわりがあるとかで無ければ、上記の2つがおすすめです。


Kentaiがおすすめなのは下記のような方です。


・国産メーカーにこだわりたい


・JBBF主催の大会に出場予定



ドーピング取締りの厳しいJBBFの推奨商品です。

ドーピングが怖いなどであれば選んでも良いと思います。

しかし海外製品でもドーピングに引っかかる可能性はかなり低いです。

ちなみに僕は海外製品を使用しています。使用する際は自己責任でお願いいたします。



プロテインを上手く活用してデカくなろう


まとめるとオプチマムのプロテインをおすすめします。

コスパにこだわるならマイプロテインが良いです。


結論としては下記の通りです。

基本的にはオプチマムのプロテインがおすすめ


コスパにこだわりたいならマイプロテインがおすすめ



太って体を大きくするには継続していくことが重要です。

自分に合ったプロテインを選んで、継続してトレーニングをしましょう。

僕もトレーニングと食事を大切に頑張ります。



プロテインのおすすめ徹底比較【プロテインの飲み方】

筋トレにエナジードリンクは効果的か?おすすめのエナジードリンクは?